『d design travel 千葉』の編集室在庫分は完売しました。こ購入希望の方は発行元のD&DEPARTMENTのwebショップをご覧ください →  ● 

 

『一流のものを見て育つことはもちろん大切だが、ぼくに関していえば小児喘息の悪化で、3歳から数年南房総のほとんど文化のない土地で暮している。ミケランジェロどころではない。ゴッホもピカソも知らないで育った。一流と呼ばれるものは皆無な土地だったが、ぼくは海が好きでよく海辺を歩いた。太平洋の波が押し寄せていた。太陽は水平線から昇り、背に陽を浴びると波は透けて見えた。ぼくは海に一流のものを感じた。ダ・ヴィンチにもミケランジェロにもない一流だった』

(安西水丸『a day in the life』風土社)

 

 

幼少期を南房総の港町、千倉に過ごしたイラストレーター、安西水丸さん。「千葉らしさ」を考える時、それを最もやさしい言葉で語りかけているのが、この安西さんの言葉であると思う。


ロングライフデザインをテーマに活動するD&DEPARTMENT PROJECT が、47都道府県それぞれにある、その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、デザイン的観点から選びだして、観光ガイドとしてまとめた「d design travel」。安西水丸さんのイラストをあしらった素敵な表紙の「d design travel 千葉 CHIBA」がついに出版となりました。当編集室は「編集部日記 番外編」にて、「千葉県の多様性」をテーマに寄稿させていただきました。

 

多様な千葉県の魅力をぎゅっと詰め込んだこの一冊を、ぜひ私からも様々な方たちにお届けしたく、暮ラシカルデザイン編集室でも「d design travel 千葉 CHIBA」の販売をさせていただくことに致しました。「房総シリーズ」とともにぜひ旅のお供にしていただければと思います。

2018年3月2日発行/2052円(税込)

メーカー:D&DEPARTMENT PROJECT

横175mm、高さ230mm

192p/フルカラーB5版変形

日本語・英語バイリンガル表記