香取市小見川「麗屋 弘鈴庵」〜そのステンドグラスのように、とりどりの光を、笑顔とともに〜「ちいさなマルシェ」

水郷の町に個性の光を集めたカフェ空間

続きを読む

我孫子市「North Lake Cafe & Books」[3]〜暮ラシカルデザイン編集室が初出店させていただいた柏の一箱古本市「本まっち柏」にノースレイクさんも!カフェでの打ち上げ?は愉しい方が続々

 古本市にカフェに、様々な出逢いに感謝です

続きを読む

市川真間の住宅街の中をを迷いゆく 〜 ブックカフェ「アトリエ*ローゼンホルツ」。そこは、時を経た人々の想いが、溢れる笑顔で繋がれゆく空間でした

 9月にリニューアルオープンされた古本屋カフェです

続きを読む

cafe edomons(えどもんず)さんの合掌館で行われた「カフェinかふぇ vol.6 夏祭り」にお邪魔してきました

 悩みを抱えながらエドモンズさんを訪ねた時のことが懐かしいです

続きを読む

【いっぴんさん】房総半島最南端から、心地良いカフェ空間とおいしいひと時を〜シラハマアパートメント「白浜の王様ソース」

月刊ぐるっと千葉5月号の「いっぴんさん」は、南房総市にある「シラハマアパートメント and on cafe」を訪ねました

続きを読む

ひとり一人の輝きが、粉雪のように舞ったポルボローネ。そして今、重なり合った光が、丘のうえのカフェで美しく瞬きます〜木更津市「hanahaco」

「石けりコロロ」の取材から早3年あまり。2015年3月20日、木更津市矢那〜「街の里山」が輝きだします

続きを読む

【くるりA面】今と過去が交錯する君津市久留里というまち・今から、これから編〜カフェ旅ヲスル木「旅ヲスル祭」へ

これから→外房と内房が繋がるワンデイカフェへ

続きを読む

山側・矢那の木更津も熱いですが、女性ユニットがさらに「もうひとつの木更津」を鮮やかに彩ります。「MEEN(ミーン)」の「セピアの招待状」で「marone(まろね)」さんのスイーツを戴きます

時を宿した空間の品位。女性たちの感性を散りばめながら

続きを読む

幾何学模様が柔らかな手仕事のぬくもりになる。そんなパッチワーク作品に触れながらケーキセットを味わいます。千葉市若葉区「PINE TREE CAFE(パインツリーカフェ)」

 R126沿いにあるパインツリーカフェ。うっかりしていると通り過ぎてしまいます

続きを読む

駅前カフェOPEN情報(2)南房総市「バニラ」〜JR千倉駅前にアンティーク雑貨のカフェが昨年11月末にオープンしました

 西欧のアンティーク雑貨の囲まれながら、シナモンロールを頬張ります

続きを読む

駅前カフェOPEN情報(1)勝浦市「cafe vinrose(ヴァンローゼ)」〜勝浦駅前に待望のカフェがオープンしました

列車の待合いに、コーヒーとホットドッグを

続きを読む

【いっぴんさん】茂原市「PATISSERIE CUISSON(パティスリー・キュイッソン)」〜大切な贈り物に、一人の職人の生き様が宿った「Parade de chocolat」を

『月刊ぐるっと千葉』2月号の「いっぴんさん」は、茂原市の欧州伝統菓子の店「PATISSERIE CUISSON」を訪ねました。

 

■PATISSERIE CUISSON

webサイト →  ● 

Facebook →  ● 

Cafe CUISSON →  ● 

続きを読む

暮らしの中の食を丁寧に。四街道のおばんざいカフェ「てまめや」

2014年9月、笑顔の集う空間ができました。日本の、バランスのとれた佳き食事を戴く事のできるカフェです。美味しさの再発見をどうぞ

続きを読む

北総の風土の気配を感じながら、美しい喫茶の時間を〜印西市「紅茶と食と台所 糸」

2/2-2/13は「lager! lager!」が開催されます

続きを読む

船橋市の新しい街区で愉しめるコーヒーの多様性。「Warm Heart Coffee」のエアロプレスで過ごす正月のひととき

新しい街区に、冬の澄み切った日差し。光の向こうに、コーヒーの気配

続きを読む

ものづくりの小さな星々を、静謐な空間の中に散りばめて。我孫子市「小星」さんで出逢った林美子さんの裂織コースター

凛としたしつらえの中に

過ごす時

続きを読む

喧噪の向こうに光の気配を感じながら。冬の、カプチーノの味。八千代市「大和田カフェ」

川沿いを歩いた後に、

柔らかな午後のひとときを

続きを読む

馥郁たる里山の喫茶室「焙煎香房・抱(HUG)」【増補版】〜房総のカフェ史に残る奇跡の数時間。雨上がりの里山で「大坊珈琲店」の一杯を

「大坊珈琲店」 in 焙煎香房・抱(HUG)

カッコよくて、気さくで、チャーミングな大坊さんに魅了されました

続きを読む

銚子という街のシーンに溶け込むように。curoccho cafe(クロッチョカフェ)、それは灯台のように感動の光を灯し続けるカフェ

揺るぎなく、

この街にあり続けること 

続きを読む

木更津市「田んぼCafe」〜「5Wから電力」ワークショップ。どれだけ電気を使っているのか、どれだけ電気が必要なのか。「足るを知る」きっかけを

ひとつのカフェのストーリー。

まずは「電気」から

続きを読む

街路樹の向こうに佇む玄米菜食カフェ、東金市「Raphan...(ラファン)」。あいよ農場の野菜をブッフェで。愉しく、おいしく食を味わいます

「玄米菜食cafe Raphan...」

東金市南上宿26-4

上宿ハイツ101

■webサイト →  ● 

■Facebook →  ● 

続きを読む

鮮やかな夏を閉じ込めたコーヒーグラスの水滴…海辺に臨む特等席で過ごす~勝浦市「Banzai Cafe」

 

勝浦市松部1545

■webサイト →  ● 

■Facebook →  ● 

続きを読む

上総の田舎の面影に漂いながら、おいしい昼下がりの時を過ごす愉しみ〜市原市「cafe のっぽ141」【追補版】

 

国道から路地へ、

路地からカフェの庭へ、

そして静謐な空間が待っている。

場の展開が、

カフェの感性と向き合うアンテナの感度を高めてくれる

 

「cafe のっぽ141」

市原市郡本4-141

続きを読む

今月発行『広報かつうら』に掲載の「千葉勝浦 お茶の間ゲストハウス」。実は「お茶の間カフェ」でもあるのです。縁側で味わう地食材ワンコインランチに舌鼓。夕食はお刺身で・・・

「千葉勝浦

 お茶の間ゲストハウスとカフェ」

勝浦市守谷804

カフェは土日祝の11時~15時

(事前連絡で平日も対応可)

続きを読む

食生活をリセットしたくなったらこちらで野菜をムシャムシャ頬張ります〜街で食を結ぶカフェ〜成田市「easy life cafe(イージーライフカフェ)」

easy life cafe

成田市飯田町136-2

webサイト → ● 

続きを読む

旅の続き。一枚のショップカードから〜千葉市「iijima coffee」〜柔らかに注がれる風土の光を浴びながら、コーヒーを味わう時間

「この人、飯島さんですか?」「友人に描いてもらったんですが……そういうことにしちゃってます(笑)」

続きを読む

木更津駅界隈で密やかに燻らし続けるカフェ文化の匂い。スープカレーの香りとともに・・・今秋10周年を迎える「いせもとcafe」へ

 

「いせもとcafe」

木更津市富士見1-8-12

続きを読む

地方の商店街に憩いの場を、駅前でお茶する時間を〜勝浦市興津の商店街に待望のカフェ「Cafe & Kitchen DOLPHIN(ドルフィン)」がオープンしました

 「Cafe & Kitchen DOLPHIN」

平日:11時〜17時

※金曜は〜20時だそうです

土日祝:11時〜20時

月曜定休

続きを読む

【いっぴんさん】「場を通じて、商品を通じて、想いを伝え、繋がっていきたい」〜千葉市緑区「Community Cafe ♭(ふらっと)」でプリンセスぷりんの優しい余韻に浸る

 

「Community Cafe ♭」

千葉市緑区おゆみ野6-27-4

おゆみ野プラザB棟

続きを読む

勝浦市マチナカカフェの定番「cafe solare(ソラーレ)」で、文化の調べが聴こえ始めています

 

「cafe solare」

勝浦市勝浦43-2

水・木曜定休

続きを読む

「三年後にオープンしようね!」〜カフェ好きの幼馴染みの笑顔が詰まった住宅街のリノベカフェ〜勝田台「TOONBO CAFE」

 

「TOONBO CAFE」

八千代市勝田台北1-21-26

11時~20時

※第1・3・5土曜は11時~22時(LO.21時)

定休日は第2・4土曜、日曜、隔週水曜

 

※営業時間、定休日は4月からのdataです

続きを読む

【いっぴんさん】今号は「おちちや」さんの「玄米ごはんのパイ」。ですが、伝えきれなかった「天然酵母パン」編があるのです。少女の夢はささやかな幸せとなって地域に寄り添います

 

『季節感があって大地を戴くもの。そんな気がする』

 

そして、地元に

『ささやかな幸せをお届けしたい』

 

……… おいしさに織り交ぜられた少女の夢

 

天然酵母パンと季節のおやつ  いのちをはぐくむ 「おちちや」

いすみ市上布施1129  11:00~17:00(水・金曜のみ営業)

※イートイン可能。珈琲や有機紅茶あり

続きを読む

房総内陸の田園に揺蕩う、ゆるやかな空気に包まれた古民家空間〜長南町「カフェ 楽」

何もない、と思われていた内陸にこそ、

豊かな暮らしのヒントが佇む。

ご夫妻の穏やかな第二の人生が

ここにありました

 

「カフェ 楽」

千葉県長南町小沢710

10時~17時

月曜定休

続きを読む

おいしさの向こうに、ご馳走様。時を越えて、暮らしの潤いを。千葉市「merci」に息づく「生きる姿勢」

 

『2階は畳敷きの純和風スペース。

 千葉公園をぐるっとした後、

 靴を脱いで畳で

 のんびりマクロビランチなんてのはどうでしょうか。』

 

Ben Ten mapのそんな言葉に導かれて。

 

 

「merci」

FB https://ja-jp.facebook.com/merci.mn26 

 

 

続きを読む

ひとつひとつの生業の「あり方」が、街のカルチャーを燻らす〜千葉駅前の自家焙煎珈琲「豆NAKANO」

 

 

駅前で珈琲のアロマに包まれながら

千葉のカルチャーに身を委ねたい

 

「豆NAKANO」

千葉市中央区弁天1-1-2 be-place 1F

FB https://ja-jp.facebook.com/mamenakano

 

 

 

続きを読む

外房カルチャーのひとつの基点となる日が愉しみ。いすみ市「古本・古道具CAFE GAKE」

 

太東崎の崖のうえ

おいしい宝箱へ、ようこそ

 

 

古本・古道具CAFE「GAKE」

いすみ市岬町和泉2404-21

FB https://www.facebook.com/selecthousegake

 

 

続きを読む

どこまでも静寂が続く、房総最果ての根本海岸を臨む。南房総市白浜町「ビーチスタイルストア 波音日和」

 

 

強風吹き荒れる日の黄昏。

こんな日でも、

コーヒーを啜りながら根本のビーチを見つめていると

来てよかった、と思う。

 

「ビーチスタイルストア 波音日和」

南房総市白浜町根本1626-4

 

続きを読む

勝浦からいすみ市の田園カフェへ。そして奥飛騨のローカル線との邂逅〜「Cafe nakao(なかお)」

 

ムーミン列車から見たら、どう映るんだろう

田園に佇む、その姿。

 

 

Cafe nakao(なかお)」

いすみ市増田53-1

 

 

続きを読む

茂原市「シンパカフェ」~「伝えたいことをどう伝えていけばいいのか」。そんな葛藤の中の語り合いに勇気をもらう自分がいた

 

先日、地域おこし協力隊活動の休みを利用して茂原市を巡行。最近ちょっと食事がいい加減になりがちだったので、久しぶりに「シンパカフェ」さんを訪ねました。

 

「シンパカフェ」

茂原市高師975-3

続きを読む