「free style furniture DEW」(60頁)で取材中、今井京子さんに、上の写真の板について説明していただいた。漆職人が漆を塗る際、こぼれたりはみだした漆で床が汚れないよう、作業台の下で漆を受け止めるものが必要となる。この板は、その漆をただ受け止めるだけの板だったのだ。この板を目の当たりにした時、私の脳裏に浮かんできたのが、岡本太郎氏の次のようなことばだった。

 

 美しいものではあっても、美しいと言わない、そう表現してはならないところにこの文化の本質がある。生活そのものとして、その流れる場の瞬間瞬間にしかないもの。そして美的価値だとか、凝視される対象になったとたん、その実体を喪失してしまうような、そこに私のつきとめたい生命の感動を見とるのだ。

 (中略)その美しさなんて、本質的にいってそんなもの、あろうがなかろうが、どうでもいいことなのだ。ただ、それが媒体となり、それを通して直観し、感じとる、永劫ーなまなましい時間と空間。

 悠久に流れる生命の持続。

 (中略)問題は組織された社会の、組織された時間の中に、この初源的な感動の持続をいかにもり込み、生かすかということだ。

(岡本太郎 『沖縄文化論 忘れられた日本』昭和47年 中央公論社刊)

 

 

カフェにおいての『初源的な感動の持続』を考察した時、直観的に来訪者の感覚に響く要素があるかどうかが大きい。よく「店に滲み出る雰囲気」と表現されたり、「食堂 果樹」(24頁)の中村菜穂さんのことばを借りれば『シネマのシーンのよう』な状態が正にそうだその背景の核を成すのが店主の記憶場やモノに蓄積された記憶ではないだろうか。それはそのカフェがそのカフェたるゆえん。それぞれのカフェ〝記憶の履歴書を紐解くことで、房総のカフェの新たな魅力が見えてくる。

>>>お取扱店(千葉県内)

>>>お取扱店(千葉県外)

「房総カフェⅣ 記憶の履歴書」

 

プロローグ

 ミナモ

 

町の歴史とともに

 町家カフェ むさしや

 tronc

 蔵のカフェ+ギャラリー 灯環

 

それぞれの履歴書

 食堂 果樹

 コーヒー くろねこ舎

 TOONBO CAFE

 コピエ

 Vegetable&Fruit 古民家カフェ Conaya

 ぽぽぽべーぐる

 Scone Cafe パニパニ

 TOAST AND HONEY

 

 

作り手の気配

 ギャラリーカフェ 風草

 Manor House

 free style furniture DEW

 

記憶の旅路へ

 TRAYCLE Market & Coffee

 

 


2017年2月発行/880円(税込)

編集発行人:沼尻亙司 発行所:暮ラシカルデザイン編集室

本文74p/A5版