『房総コーヒー』は2017年10月20日に発売予定です。現在ご予約を承っております。

コーヒーにテイストを求めるか、

 

人を映すか、

 

未来を感じるか。

 

それは、自由だ。

コーヒーのあるシーンの数々から

房総に生きる人たちの息遣いが訊こえてきます。

 

あの時の記憶を呼び起こす、クリアーな香り。

それは、房総にきらめく感性。

 

琥珀色の液面に描かれる、微かな波紋。

それは、房総の豊かさのリズム。

 

今この瞬間の愛おしさを思う、テイストの余韻。

それは、房総にそよぐ風土の匂い。

 

その土地土地で独自の輝きを放つ一杯のコーヒー。

その輝きの全体像にこそ、

房総の魅力が凝縮しています。

 

自由のありかを求めて、

本を作り続けます。

房総の「名刺」のような存在になると信じて。

>>>お取扱店(千葉県内)

『房総コーヒー 旅と、日常。』

 

千倉 chikura 粗野な洗練

 Sand CAFE

 ■カフェとコーヒーと 南房総放談

 Sand CAFE_込山敏郎さん × 安房暮らしの研究所_菅野博さん

 &暮ラシカルデザイン編集室

 

長生 chosei 救済と再生

 KUSA.喫茶 自家焙煎COFFEE+PAN.

 

市川真間 ichikawa-mama リアリティを求めて

 珈琲商店 ハト

 ■Timor Lorosa'e Photograph

 

大多喜 otaki 焙煎と人生

 珈琲 抱/HUG

 

千葉 chiba 既成と未成の狭間から

 豆NAKANO

 PIE & COFFEE mamenakano

 

from Coffee Stand in Togane City The Meaning of Life.coffee

 

鋸南 kyonan 家族とともに

 藁珈琲洞 〜コーヒーと季節のおいしいもの〜

 

mobile & smile COFFEE モバイルカフェ 福笑屋

 

浦安 urayasu コーヒーの香りは街をめぐる

 猫実珈琲店

 ■野点珈琲を愉しむ

 

館山 tateyama 田園にそよぐ潮風と

 ブロワ珈琲焙煎所

 ■コーヒーとうつわ 陶芸家・西山光太さんを訪ねて

 

津田沼 tsudanuma 街の風景を受け継ぐ人

 BROWN SOUND COFFEE

 ■COFFEE BOOK selected by 丸善 津田沼店

 

成田 narita 新しいトラディショナル

 HOUEI COFFEE and STORE

 

勝浦 katsuura 港町の風景になる

 SPAiCE COFFEE

 

街コーヒー / 旅コーヒー

 iijima coffee_千葉

 Grumpy_木更津

 EASY LIFE CAFE_成田

 DEUX MOUTONS_匝瑳

 Mai Cafe / Artisan Chocolate33_市原

 コーヒー くろねこ舎_茂原

 cafe GROVE_富津

 TRAYCLE Market & Coffee_館山

 


2016年10月発行/1350円(税込)

編集発行人:沼尻亙司

発行所:暮ラシカルデザイン編集室

本文120p(表回りモノクロ、本文オールカラー)/A5版