ここは、日本一の落花生の産地、八街(やちまた)市。収穫された落花生を畑に積み上げ、北風にあてながらじっくりと乾燥させてゆきます。

 

この落花生の野積みを「ぼっち」をいいます。秋になると八街周辺に広がる北総台地のあちこちで、忽然とその姿を現します。

 

夕日に照らされて赤く染まったぼっちが畑に佇む様子は、千葉県の晩秋の象徴。クロード・モネの『積みわら』のように、人々の記憶に刻まれる、美しい風景です。

 

ぼっちの姿に心動かされるのは、そこに人々の暮らしや仕事の蓄積があるから。そして、乾燥を終え、出荷された落花生にも、様々な人たちの物語が、さらに宿るのです。


『房総落花生』

2018年4月発行/650円(税込)

編集発行人:沼尻亙司

発行所:暮ラシカルデザイン編集室

本文47p(オールカラー)/A5版横型


『房総落花生』お取扱

 

在庫の有無は各取扱店さまにご確認いただけますよう、よろしくお願い致します

お近くにお取扱店がない場合は、このwebサイトのご注文フォームよりお申し込みいただけます

>>>ご注文はこちら

千葉市美術館(千葉市中央区)

アースマーケットプレイス(千葉市美浜区)

タンジョウファーム キッチン(千葉市花見川区)

丸善 津田沼店(習志野市)

CB PAC(鎌ケ谷市)

URAYASUmarkets(浦安市)

真澄屋・百笑カフェおおきなかぶ(流山市)

Huckleberry Books(柏市)

North Lake Cafe & Books(我孫子市)

Kinari cafe(我孫子市)

ブックマルシェ(我孫子市)

ごはん屋さんとちいさな工房 てまめや(四街道市)

ときわ書房 志津ステーションビル店(佐倉市)

アベイユブックス(佐倉市)

大津屋商店(成田市)

コーヒー くろねこ舎(茂原市)

紅雲堂書店(木更津市)

石塚文化堂(君津市)

星空の小さな図書館(いすみ市)

星空スペース(いすみ市)

御宿ウチヤマ(御宿町)

シーガル(御宿町)

鴨川書店(鴨川市)

安房暮らしの研究所(南房総市)

海猫堂 ※道の駅ちくら潮風王国内(南房総市)

宮沢書店 本店(館山市)

宮沢書店 TSUTAYA店(館山市)

TRAYCLE Maeket & Coffee(館山市)

 

■千葉県外

リードブックス(福島県いわき市・イベント出店)

REBEL BOOKS(群馬県高崎市)

sonorite'(茨城県龍ケ崎市)

往来堂書店(東京都文京区)

タコシェ(東京都中野区)

代官山T-SITE 蔦屋書店(東京都渋谷区)

レティシア書房(京都市中京区)

ホホホ座 浄土寺店(京都市左京区)

blackbird books(大阪府豊中市)

1003(神戸市中央区)

451BOOKS(岡山県玉野市)

広島T-SITE 蔦屋書店(広島市西区)

ロバの本屋(山口県長門市)

なタ書(香川県高松市)

本屋ルヌガンガ(香川県高松市)

うずまき舎(高知県香美市)

taramu books&cafe(福岡県大牟田市)

my chair books(熊本市中央区)

ひとやすみ書店(長崎市)

生活道具デシリットル(鹿児島県志布志市)