Katsuura Local Press No.2「鵜原 &理想郷」〜 素掘りトンネルの向こうにあるユートピアへ、ようこそ。そして、幻のスイーツ「ほうちょう餅」や世界に誇るウェットスーツ、老舗の“ファミレス”が登場します

時空を超え “U-topie” へ



ダウンロード
『鵜原 &理想郷』
『鵜原 &理想郷』.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.7 MB


千葉県勝浦市の「地域おこし協力隊」のプロジェクトのひとつとして進めている『Katsuura Local Press』。地域に溶け込み、地域の人たちに親しまれる「地域の宝」にスポットライトを当てていくフリーペーパーですが、第一弾の興津編に続き、第二弾の鵜原編『鵜原 &理想郷 時空を超え“U-topie”へ』ができあがりました。


今回のコンテンツは・・・

 

●世界に誇る技術を有するウェットスーツ工房「Next Level」さん

●お店で買えず、祭りの時のみ家庭で作られる幻のスイーツ「ほうちょう餅」

●鵜原の趨勢を見続けてきた昔ながらの“ファミレス”、「こだま」さん

●鵜原界隈MAP

●鵜原理想郷「U-topie」MAP

 

となっています。

鵜原は勝浦の中の独立国・・・といったら大袈裟ですが、祭りにしても、ほうちょう餅にしても、際立った独自性があります。勝浦の市中では、たいがい秋に例祭が行われるにも関わらず、鵜原だけは7月。しかも大名行列まであります。団結力の強さは祭りに留まらず、ビーチクリーンなども集落ぐるみで行われています。一方で鵜原の人かどうか、という視線を感じることもしばしば(笑)

 

ほうちょう餅は、観光客はおろか、鵜原以外の勝浦市民の方もそうそうお目にかかれない伝統食なのですが、ヨモギさえ手に入れば作り方は非常にシンプルですので、家庭でも作る事が出来ます。今回、鵜原出身の本庄さんに調理手順を伺いましたので、ぜひレシピをご覧くださいませ。もちもちした食感がよく、きなこをたっぷり付けて食べると美味しいんです。

 

なお、ほうちょう餅についての考察は協力隊blogにてアップしておりますので、もしよろしければご覧下さいませ。

 

■【独断認定】勝浦市重要「食名物」文化財〜鵜原「鮑腸餅」

http://ameblo.jp/staff-nu-nikki/entry-11584972630.html

 

今回もイラストは勝浦市在住のイラストレーター、杉本はるみさんにお願いしました。美しいヤマユリの花や、鵜原の大名行列も再現してもらっています。


紙媒体の『Katsuura Local Press』は勝浦駅前観光案内所などで配布しております。鵜原編は勝浦タンタンメンでお馴染みの「こだま」さんでも置いてもらう予定ですので、ぜひお手に取ってみてくださいね。

 

今回、取材のご協力をいただいたみなさま、そして理想郷MAPづくりに多大なご協力をいただいたユートピアの番人、善三郎さん、改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。勝浦市の知られざる魅力を、ぜひ感じていただければ幸いでございます。