房総・勝浦の里山にある古民家編集室です


ローカル[千葉のいなか]を舞台に、

エシカル[社会や環境と寄り添う]で、

クラシカル[温故知新]な暮らし、[暮ラシカル]

 

房総で日々、綴られる暮ラシカルな物語。

まだ、コトバにもならない日常の愉しさ、悦び、感動の仄かな匂いを

デザイン(編集)することで豊かさを紡ぎ、伝えてゆく。

そんな編集室でありたいと考えています。

丸善 津田沼店で「夏」なイメージで『房総カフェ』を展開していただいています!

今月末までの展開予定です

続きを読む

おかげさまで『房総カフェ 扉のむこうの自由を求めて』完売しました

読み継がれ、ボロボロになった姿は、私にとっての勲章です

続きを読む

6月4日[日] 「佐倉城下町一箱古本市」に出店します

「にわのわ」や「まちのわ」も開催されています。あわせてお楽しみください!

続きを読む

5月21日付『日本農業新聞』の書籍紹介欄に『房総カフェⅢ それぞれの食のシーン』をご紹介いただきました

食をテーマにした『房総カフェ』の第3号を、取り上げていただきました

続きを読む

いちはらアートミックス出店の様子を千葉日報「ちばとぴ!チャンネル」でご紹介いただきました

GWも出店予定です!

続きを読む